ビューティーオープナーはシミ改善に効果あり?

結論から言うと、ビューティーオープナーはシミにも効果が期待できます。
ビューティーオープナーに含まれる卵殻膜エキスの成分の中に、ヒアルロン酸やシスチン(L-システイン)という成分が、シミ対策にバッチリです。
このページでは、シミができる原因とビューティーオープナーがシミに効く理由について説明します。

 

シミができる原因

シミができる原因は様々です。
以下の点を気をつければ、シミができにくい環境を整えることができます。

 

肌のターンオーバーの乱れ

主に紫外線によって作られるメラニン色素。
若い頃であれば肌のターンオーバーによって垢になって剥がれ落ちますが、年を重ねていくと徐々にそれができなくなります。

 

肌のターンオーバーが乱れる要因は

  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 乾燥
  • 食生活の乱れ

 

などです。
また若いうちでも生活習慣に乱れが生じると、シミができやすくなってしまいます。

 

紫外線を浴びてメラニン色素が生成される

紫外線によってできるシミを老人性色素斑といい、乾燥肌の方にできやすいという特徴があります。
メラニン色素は主に紫外線によって生成されますが、いっぺんに大量にできるわけではありません。

 

紫外線を多く浴びると、身体を守るために活性酵素が作られます。
この活性酵素は細胞を錆びさせるといわれ、体には不要なもの。

 

活性酵素が増えすぎると体にとってよくないため、メラニン色素が作られます。

 

皮脂が酸化して肌に蓄積する

活性酵素は細胞を錆びつかせるだけでなく、過酸化脂質を生成します。
過酸化脂質は、一度できてしまうと体外へ排出されづらく、日に日に蓄積されていきます。

 

蓄積された過酸化脂質には先程のメラニン色素が集まり、通常より濃い色の色素が作られます。

 

この過酸化脂質と結合してできたシミは、取り除くのが難しくなります。

 

肌への摩擦や刺激によってメラニン色素が作られる

洗顔や化粧品を使う際の肌への摩擦もシミの原因になります。

 

  • 洗顔
  • 化粧水
  • 乳液
  • 美容液
  • クレンジング

 

上記毎日おこなうスキンケアだけでも、何回も肌にダメージを与えているはず。
毎日続けていれば、いくら紫外線対策をしても、メラニン色素が作られることを防ぎきることはできません。

 

なるべく回数を減らすことや、強く肌をこすって刺激を与えないよう、やさしく扱うことが大事です。

 

毛細血管が増殖する

資生堂の資料によれば、異常な毛細血管がシミの原因になりうるとのこと。

 

  • 炎症を起こしている
  • 角化が異常
  • 基底膜が成分異常にある

 

色々な原因が考えられ詳しくはわかっていないそうですが、血管内皮増殖因子(VEGF-A)と呼ばれるものが増加し、血管が異常に増加、血管内皮細胞からメラノサイトを刺激する因子群が放出→メラニンが大量に作られるというメカニズムが発見されました。

 

詳しくは今後の研究が待たれます。

 

活性酸素はストレスによっても増加する

活性酸素は毎日のストレスによっても増加します。

 

日焼け対策もOK、スキンケアも頻繁にしていないのにシミが増えるという場合は、もしかするとあなたの見えないところでストレスがたまっているからかもしれません。

飲酒・喫煙

お酒は適量なら問題ありませんが、過度の飲酒は肌環境を乱す要因になります。
アルコールを大量に摂取すると、それを分解しようと肝臓がフル回転、その負担により体内の活性酸素が大量に増えてしまいます。

 

お酒の席では、揚げ物、味の濃いものなどカロリーの高い食べ物を食べることも多いので、アルコールと脂質が組み合わさり、さらに活性酸素を増やします。

 

また、煙草に含まれる成分は活性酸素を大量に発生させる可能性があり、、コラーゲン生成に欠かせないビタミンCを破壊し肌の老化につながります。
ビタミンCには抗酸化作用があり、活性酸素から肌を守ってくれる役割があるのに、それを破壊してしまいます。

 

栄養不足

シミのない綺麗な肌を目指すためには、ビタミンやミネラル、亜鉛などの栄養素が必要不可欠です。

 

  • ビタミンB群
  • ビタミンCやビタミンE
  • 亜鉛

 

これら肌に良い栄養素が不足していると新陳代謝が悪化し、メラニン色素が出来やすくなります。

 

肌の糖化

糖分を摂りすぎると、糖化を起こしやすくなります。
糖化とは、体内で余った糖分とタンパク質が結合し「AGEs(糖化生成物)」というものが生成され肌にダメージを与えることをいいます。

 

製薬会社で有名なロート製薬の調査によれば、表皮細胞が糖化するとメラニンを増やすサイトカインが増えることがわかっています。
糖化を起こすと、コラーゲンが硬くなって肌の弾力を失ったり、黄ぐすみになったりしますが、実はシミを増やす原因にもなっていたとのこと。

 

チョコレートや菓子パンなど甘いものを摂りすぎたり、ご飯、パスタ、うどんなどの炭水化物も糖分が多いので注意です。

 

遺伝によるもの

遺伝によってシミができることも。
遺伝的なシミは子供の頃にできることが多いですが、思春期を過ぎる頃には大抵薄くなっています。

 

遺伝によるシミは雀卵斑といわれ、一般的にそばかすと呼ばれます。

 

ニキビなどの炎症が沈着してできるシミ

ニキビや虫刺されなど、肌の炎症でできたシミも存在し、炎症性色素沈着と呼ばれます。
これらの症状でも、早め早めの治療が必要です。

 

女性ホルモンの乱れ

ホルモンバランス乱れによってできるシミを肝斑といいます。

 

ホルモンバランスが乱れやすい30〜40代の女性に多く見られ、鼻の周りから頬骨の近くに、左右対称にできるのが特徴。
男性や閉経後の女性には見られません。

 

後天性真皮メラノサイトーシス

別名遅発性太田母斑とも呼ばれ、医師によっては、アザと表現する場合もあります。
大人になってからできる場合が多く、頬骨、下まぶたに点々と出るのが特徴で、鼻の周りやおでこの周りにできる場合もあります。

 

後天性真皮メラノサイトーシスは、肌の奥の真皮にできるので、消すのがなかなか厄介なシミです。
フォトフェイシャルなど高技術の治療を受けたのになかなかシミが薄くならないという場合は、もしかしたら後天性真皮メラノサイトーシスの可能性があります。

 

ビューティーオープナーのシミへの効果

結局、最も多いのは、皮膚の中にあるメラノサイトと呼ばれる細胞がメラニン色素を生成し、紫外線を吸収することです。
本来であれば約1ヶ月単位で肌のターンオーバーが起こり綺麗な肌に戻るのですが、年齢を重ねることによって新陳代謝が悪くなり、肌のターンオーバーが正常に機能しなくなります。
ビューティーオープナーが30代〜50代の女性に特におすすめなのは、そういった理由があるから。
まさにエイジングケアにぴったりな商品なのです。

 

具体的には、ビューティーオープナーに含まれるヒアルロン酸やシスチンが、肌のターンオーバーを促進させて、シミやそばかすを防ぎ、また既にできてしまったシミに効果があります。

 

ビューティーオープナーのシミへの効果口コミ

ビューティーオープナーのシミへの効果について、使用者の口コミを集めてみました。

シミが薄くなってびっくりしました

出産後、女性ホルモンが乱れた影響か肌質が変わった気がします。
そのタイミングでシミやシワが気になりだし、何かいい商品はないかと探していたところ、ビューティーオープナーを見つけ使ってみたんです。

 

3ヶ月使い続けたしたある朝、今まで気になっていた左頬のシミが薄くなっていたんです。
これにはママ友もびっくり。
早速紹介しちゃいました。

 

こんな簡単にシミケアできるなんて!

洗顔後のブースターとして使っています。

 

肌にグンと染み込んでいく感じがして、もっちり肌になります。
消えるはずのないと諦めていたシミが、まさか薄くなるなんて驚きでした。

 

魔法にでもかかったみたいです。驚きました。

 

ビューティーオープナーのシミへの効果まとめ

口コミからもわかるように、しっかりシミへの効果を実感されている方が多いようですね。

 

ビューティーオープナーは公式サイトでたったの1,980円でお試し可能です。
シミが薄くなっていく実感をぜひあなたにも体験していただきたいです。

 

ビューティーオープナーの効果や口コミ、成分、最安値情報、おすすめする理由など
基本的な情報を知りたい方は、トップページから詳細を確認してください。
ビューティーオープナーに含まれる卵殻膜エキスの情報も紹介しています。

ビューティーオープナートップへ

 

関連ページ

ビューティーオープナーはシワに効果あり?
OZIO(オージオ)の化粧品で今最も売れている卵殻膜美容液のビューティーオープナー。実際に購入した方の口コミでは「シミやシワが薄くなった」「肌に弾力性が出てきた」など良い評価をたくさん耳にします。欠点を挙げるとすれば、卵殻膜特有の「臭い」くらいでしょうか。